駐在員(駐妻)で良かったこと

海外駐在のリアル 駐妻たちのリアル

執筆者:

投稿日:

駐在員で良かったこと


これまでは駐在員(駐妻)がいかに大変か、辛いかを投稿してきましたが実際には駐在員生活を満喫している人も多いのです。


仕事が忙しい人ほどプライベートの時間を作ることが上手で、家族や友人との時間を大切に過ごしています。また飲み会では名刺配りをしながら自社サービス周知の為に自分と会社の売り込みをしたり、少しでも多くの日本人と知り合って業績アップに繋がるよう自費で色々な会に参加してみたり…

”そのモチベーションはどこから!?”

それは「会社の代表として海外駐在している!」という自負からではないでしょうか。仕事人生の中で、与えられた数年間をどう過ごすか、どのように会社に貢献できるかを常に考えている駐在員には脱帽です。


-給料のアップ(手当が多い)
-日本で働いているときにはありえない裁量が与えられる
-現地では娯楽が少なく、それに費やす時間もないのでお金が貯まる

どんなに忙しくても、それに伴う収入とやりがいが駐在員のモチベーションを高めているのです!

第三者から見る駐在員の代名詞「豪華なアパートに住み、運転手付きの通勤」は圧倒的な長時間労働と長時間拘束の毎日を送る駐在員にとって、無くてはならない会社からの福利厚生なのでしょう。

日本に帰りたくない駐在員


「日本には帰りたくないんだよね…」

私の周りでもよく耳にするこの言葉。

多かった意見を総合的にまとめると「日本での生き苦しさ」でした。日本に住んでいるときには見えなかった「日本」を第三者的に外から見ることができたからこそ、色々思う事があるのです。

いい意味でも悪い意味でも日本人は協調性を大事にする人種です。意識的、無意識は別として周りがどうしているか、周りからどのように見られているかを常に気にして自分もそれと同じ行動を取らなければ「社会人として」「大人として」の人格を疑われてしまう場面もしばしば。そして、とにかく気をつけなければいけないルールやマナーが多い。(これがあることで美しき日本が成り立っている事も本当なので否定はしません)

実際日本に本帰国すると、これも当たり前になり案外駐在していた国の悪かったところが見え始め、「やっぱり日本最高!」となるのかもしれませんよ笑。

駐妻で良かったこと


「駐妻」という言葉はネガティブな発言をされるときに使われがちなので、「駐妻」と呼ばれることに違和感を感じたこともあるかと思いますが、それはちょっとした幸運で手に入れた期間限定のシンデレラタイム!「大きな声じゃ言えないけど、やっぱり駐妻最高!」と思う事もあるのではないでしょうか。


-「仕事ができない」のでグータラ主婦でいられる(子なしに限る)
-旦那さんの会社から航空券の支給があるので、長期で日本に帰ることができる
-駐妻ヒエラルキーとは噂ばかり!優しくて親切な駐妻が多い!


駐妻生活は楽しんだもの勝ち!なのです。

悩みや相談は利害関係がない第三者へ

海外で暮らす日本人コミュニティーはとても狭いもの。

ちょっとした噂話でも翌日には2倍〜3倍になって他の人に広まっているなんてことも!

駐在ライフのカウンセラーには守秘義務があります。クライエントから相談された話が外部に漏れることはありません。

今すぐ相談したい悩みがなくても、定期的にカウンセラーと面談をすることでスッキリとした気持ちになれます。

駐在ライフHP
連絡先:chuzai.life@seesaa.vn

-海外駐在のリアル, 駐妻たちのリアル

 

関連記事

海外赴任は単身か家族帯同か

メリットとデメリット 会社によっては家族がいても単身で赴任して欲しいと言われるケース、単身か家族帯同かどちらか本人が決めるケース、家族帯同で赴任して欲しいと言われるケースの3つに別れます。 単身赴任の …

希少な女性駐在員

若年化している駐在員 最近女性駐在員と知り合う機会が多いなと感じています。年齢は30代前半の方が多く、若くてトレンドに敏感な女子力の高い素敵女子達。海外で働いている女性は圧倒的に現地採用が多いです。む …

【海外駐在員のおサイフ事情】本当に経済的に美味しい思いをしているのか?

海外で働きたい、と思った時に、どんな立場で行くかー。 大きく分けて、日本からそのまま”海外駐在員”として現地に赴任するか、海外現地法人に直接雇用される形で”現地採用”として働くかの2パターンとなります …

ベトナムのインターナショナルスクールってどう!?

ベトナムのインターナショナルスクール事情 意外かもしれませんが、ベトナムには数多くのインターナショナルスクールがあります。学校によっては「入学待ち」になるほどの人気校もあるので、早めの手続きが必要です …

知り合いの知り合いは知り合い

狭い日本人社会で生活する海外駐在員   「誰かに話したい!吐き出したい!聞いてほしい!」 このような気持ちを心の奥底に秘めている駐在員は多いはず。しかしながら会社の看板を背負って赴任している …