希少な女性駐在員

海外駐在のリアル

執筆者:

投稿日:

若年化している駐在員


最近女性駐在員と知り合う機会が多いなと感じています。
年齢は30代前半の方が多く、若くてトレンドに敏感な女子力の高い素敵女子達。

海外で働いている女性は圧倒的に現地採用が多いです。むしろ現地採用の割合が多いというよりは、女性の駐在員の方が極めて少ないのだと思います。

駐在員の年齢層は年々若年化しており、かつて代表されたような“40代の若手”と言われるアッパーミドル以上の人たちもいるものの、それよりも若い20代後半から30代前半の人たちが多くなってきているように思います。

若ければ、基本給が低い。手当は会社によって異なりますが、40代〜50代で赴任するのと20代〜30代で赴任するのではかなり額面が違います。会社としても経費節減のために試行錯誤しているのでしょう。

福利厚生など

-職場から徒歩圏内のサービスアパートを社宅として使用しているため送迎車はない
-日本で支給される給料の4割を現地口座に振り込んでもらい、それを生活費としている
-1年に1回の一時帰国航空券支給
-タクシーカード支給

悩み

-業務終了時間が遅く休日出勤もあるので仕事漬けの毎日
(仕事以外の飲み会に参加できない)
-プライベートで付き合える日本人の知り合いが少ない
-日本からの出張者や取引先との飲み会が多い
-シンガポールや上海からのスライドなのでベトナムとのギャップを感じる


男性駐在員も女性駐在員も福利厚生や悩みに大きな違いはありません。

どうして女性駐在員の数は少ないの?


発展途上国への駐在は安全上の理由もあり、女性を派遣することに懸念する企業も多いのではないでしょうか。また、男性と比較すると女性の場合は年代ごとにライフプランが変わりやすくなることが多いですよね。例えば結婚、出産、配偶者の転勤などがあります。企業としてもこういったことを考えると、なかなか駐在員に女性を選択するというところに至らないので、もし海外で活躍したいと考えている女子社員は自ら立候補しアピールしてみるのも良いのではないでしょうか。

女性が活躍する海外




海外では女性が働きやすい環境が整っており、職場にも女性が多く管理職としても活躍しています。私生活では両親やお手伝いさんに子供をあずけ たり、夫婦共働きをしながら協力しあって学校の送迎や家事をこなしているのです。日本人駐在員ほど長時間労働をしないベトナム人男性が家事に協力的なのは「家族第一文化」が強く根付いているからですね。

日本でもスキルや能力があればどんどん女性に役職を就けていこうという流れはあると思いますが、海外と比較するとまだまだ浸透していないように感じますし、子育てへの協力が必要とされる世代の男性が定時に帰宅できる勤務先が大半を占める社会にならなければ日本の女性進出はまだまだ先になりそうです。

駐在ライフ

駐在ライフでは東南アジアで頑張る駐在員とその家族のメンタルヘルスケアサービスを提供しています。

海外ならではの悩みを、現地で経験豊富な日本人カウンセラーに話すことでメンタルヘルス不調を未然に防げるよう定期的にカウンセリングを受けながら、充実した駐在生活が送れるよう力になれればと思い「駐在ライフ」を運営しています。

少しでも興味がある方は是非お問い合わせください。

駐在ライフ
E-mail: chuzai.life@seesaa.vn

-海外駐在のリアル

 

関連記事

ストレスとセルフケア

「ストレスを感じる」とは? 規律・規則・調和を重んじる日本人は文化的な背景からストレスを受けやすい人種だと言われています。現代社会に生きる私たちにとって「ストレス」という言葉はとても身近になっており、 …

駐在員(駐妻)で良かったこと

駐在員で良かったこと これまでは駐在員(駐妻)がいかに大変か、辛いかを投稿してきましたが実際には駐在員生活を満喫している人も多いのです。 仕事が忙しい人ほどプライベートの時間を作ることが上手で、家族や …

野菜の調達 in HCM

オーガニック派?こだわらない派? お子様がいる家庭や健康志向の奥さん達の間ではオーガニック野菜を中心に買い、足りなくなったらその都度、近所にある日系・韓国系のスーパーで買い足すことが多いようです。また …

【海外駐在員のおサイフ事情】本当に経済的に美味しい思いをしているのか?

海外で働きたい、と思った時に、どんな立場で行くかー。 大きく分けて、日本からそのまま”海外駐在員”として現地に赴任するか、海外現地法人に直接雇用される形で”現地採用”として働くかの2パターンとなります …

海外駐在員のイメージと現実

第三者から見る海外駐在員 「海外駐在員」という言葉を耳にすると、何だか華やかなイメージを想像してしまいますが、実際にどうしてそう見えるのでしょうか?-駐妻がSNSで楽しそうな投稿をしている-高級アパー …