【本当にあった話】ベトナム人の採用現場で起きた想定外事案集

海外駐在のリアル

執筆者:

投稿日:

ベトナムにおける日系企業の採用活動戦線

新卒採用の場合

ベトナムは、4年制大学の卒業式は大体5月終わり〜6月にかけてなので、新卒社員が入ってくるのもそのあたりとなります。

優秀だったりアクティブな層は大学3年生の終わりくらいから、卒業後に正社員採用してもらえるのも見据えて、パートタイムやインターンとして企業で働き始めます。生活費を稼ぐためだけではなく、経験を積んだり、卒業後の就職先を確保するための関係構築というねらいがあるわけです。
正確な数字は分かりませんが、個人的にベトナムの大学の上級生は、そうして色々なインターンやアルバイト先を掛け持ちしている学生が多いように感じています。

対照的に自分のやりたいことが明確ではない学生は、とりあえず頑張って大学を卒業し、その後就職活動をするケースも多いです。感覚値的にはこちらの層の方がメジャーなのでは、という意見もありました。

とまあ、そんなこんなで、日本のように4月1日に一斉に新入社員が社会に溢れるわけではありません。


中途採用の場合

また、20代の若者の7割以上が一度以上の転職を経験しているというベトナムでは、一年をとおして企業の採用活動も盛んです。その中でも中途の転職市場が一番活発に動くタイミングといえばテト(旧正月)前後でしょう。この時期はテトボーナスの支給シーズンで、日本と同様に、ボーナスを受け取って退職し、転職するという人が急増します。

テト休暇中に実家に帰省した際に、親戚両親と現職の話題になり、その話の中で何か意見されたことがきっかけで転職を意識する例もあり、ベトナム人にとって家族がどれくらい個人に影響力が大きいのかうかがえます。

テトは企業にとっては、新規採用のチャンスでもあり、同時に、既存人材の流出のリスクが高まる時期でもあります。

このようにベトナムの日本人駐在員は、業種によっては一年中求人応募に対応しているわけですが、そうすると出てくる出てくる、採用現場でのカルチャーショック。
「日本の就職活動スタイルの常識は、世界のそれとは違うというし……」だけでは片付けられない笑撃のベトナム人採用現場で本当にあった事例をご紹介します。

履歴書(CV)を見た時の衝撃

【写真】

  • 履歴書用なのにプライベート感がすごい。それ自宅で撮ったセルフィー?
  • 画像が強引に引き伸ばされて粗い、潰れている。
  • 証明写真屋の善意の極盛りレタッチか?写真の候補者と面接に来た候補者がまるで別人

【内容】

  • ニュアンスの誤りか? 「家族構成 父の職業:農民」
  • どこ測定のデータ?「視力:3.25%」

私も何件か日本語人材のCVを見たことがあるのですが、皆さんすごく真面目に、おそらく辞書やGoogle翻訳を駆使しながら正直に書いてくれているのだと思います。


皆さん日本語ですごく一生懸命書いてくださっているのですが、
 〜中略〜
 
家族構成 父の職業・・・農民

これは農業なんでしょうね。農民って書くとちょっとイメージが違いますよね。

短所:怒りっぽいところ

こう書かれたら採用しづらいですよね。

ベトナム人の履歴書 / ベトナムでビジネスを。。。

アピールポイント・・・健康
はい、そうじゃないと困ります。

病歴・・・頭痛
視力・・・3.25%

これは3.25ってことなんでしょうか。アフリカのサバンナとかにいる民族並みの視力ですね。

ベトナム人の履歴書 / ベトナムでビジネスを。。。


応募者面接 当日の衝撃

面接】

  • 連絡なしのドタキャン

   (これは日本でもありますが、ここから先、一気にレベルが上がります。)

  • 面接中に躊躇ゼロで電話に出る
  • 採用面接に候補者が来なかった翌日、総務に電話で「家から遠いのでやっぱり辞退します」

それ、受ける前に知ってたじゃん……。

  • 採用面接のドタキャン理由が「道に迷って会社を見つけられなかった」
採用面接に候補者が来ない。だいたい来ない。期待せずに待っていて候補者が来たら『おぉ!?』っとなるよ
  • 面接に親同伴で来た。

親同伴!?
聞くところによると、何とかして子どもを就職させようと思った親御さんが、社長への賄賂持参で面接に来たそう。賄賂というのがまたベトナムっぽい。

この事例を教えてくれた方いわく、賄賂は受け取らずに入社させたようですが「結局半年くらいしかもたなかったな…」と遠い目をされていました。
ベトナムのお父さんお母さんも大変です。

  • 彼女同伴で来た。

えええええええぇぇ!!

これ一番驚きましたが、男子学生の面接を予定している時間に、ふと見るとフリースペースにひとりの女性。
対応したであろうスタッフに誰なのか確認すると、「候補者が女性を連れてきたので、フリースペースに通しました。候補者は部屋で待ってます。」
あまりにも自然な報告なので、対応したスタッフにこれは一般的なことなの?と聞くと、さすがに一般的ではないけど、驚くほどのことでもないと。。

ベトナムで新卒学生の面接をする前に知っておいて欲しいこと
イメージ図(※ちょうど良い画像が見つからなかったので、鳩のカップルで失礼致します)

いっそせっかくの機会を生かして、彼女に彼氏のことを質問する、三者面接を実施するという手がありそう。

番外編 そりゃないよ……入社直後の衝撃


なかなか応募が集まらない中、候補者を面接を重ねて、内定を出して、人事と連携して手続き後やっと入社させた……と思ったら、予想外の展開が待ち受けていることも。

「入社が決まってからも就活は継続していたらしい。入社直後に面接に行った別企業の条件が良かったから、という理由で即退社された」

これは、採用した側の立場になって想像するとつらい。「お気の毒に」以外のかける言葉が見つかりません……。

ある塗装業を営む日本人社長さんからは、こんなお話も聞けました。

塗装屋の作業員として採用した人がまさかの色覚異常を持っていた。ペンキの色が区別できないのは塗装屋としては致命的。
日本ではありえないが、ここはベトナム。本人は過去に健康診断や視力検査をまともに受けたことがなかったのかもしれない

「ベージュで、と指定した箇所を悪気なくグレーで塗りつぶしているのを見た時は、頭を抱えた」ということでした。

海外駐在員・赴任社員のストレス、放っておかずに「駐在ライフ」へご相談ください。


いかがでしたか?
海外では、求人や採用活動現場でも、日本ではそうそう起きない事例があると思います。
こういう出来事は、後々ネタとして笑いに消化させることもできますが、状況によってはかなりストレスを貯めることになりかねませんよね。
そういうストレスがメンタル不調に繋がる前に、駐在ライフでは産業カウンセリング経験の豊富な臨床心理士を現地に派遣して、定期手に日本人駐在員との面談を設けるサービスを提供しております。

ご興味の在る方は、下記の黄色いリンクからも詳細ページに飛べますので、ぜひご覧ください。
直接のお問い合わせは下記まで!

問い合わせ先(ベトナムから)
Seesaa Vietnam Co.,Ltd
TEL:024-3795-4288
住所:12F IPH, 241 Xuan Thuy, Cau Giay, Ha Noi
担当者:川口、渡久地、三原
『駐在ライフ』専用連絡先:chuzai.life@seesaa.vn

問い合わせ先(日本から)
シーサー株式会社
TEL:03-6427-6288
住所:東京都渋谷区渋谷3丁目3-1 A-PLACE渋谷金王7階
担当者:奈良、玉木
E-mail:o-chuzai-life@seesaa.co.jp

-海外駐在のリアル
-, , ,

 

関連記事

希少な女性駐在員

若年化している駐在員 最近女性駐在員と知り合う機会が多いなと感じています。年齢は30代前半の方が多く、若くてトレンドに敏感な女子力の高い素敵女子達。海外で働いている女性は圧倒的に現地採用が多いです。む …

仕事以外の趣味をもつ

心の中の口癖は「あ〜、忙しい忙しい」 海外で仕事をしていると「仕事が趣味」になってしまう時があります。 それは仕事での拘束時間が非常に長いからです。 一昔前はパソコンを持ち帰ることもなく、スマートフォ …

【知ってる?】海外駐在員ならだいたい体験している「O.K.Y」&「O.K.O」

あるある、伝わらない、知らない業界用語 その業界でしか使われない業界用語や専門用語って、初めて聞いた時に意味が分からなくて面食らうことありませんか? 以前、誰もが知る日本の超大手シンクタンクの調査活動 …

【Twitter】海外勤務&在住日本人発のおもしろツイート

皆さん、twitterはやっていますか? 海外生活中、現地で暮らしたりローカルの人々と触れ合う中で、思わず呟きたくなること、誰かに届けたくなるメッセージ等が日常的に出てきませんか?そういう人は、ブログ …

【テレビ好きのあなたへ】ベトナムでも日本のテレビや動画サービスが観たい!

私はベトナムでの日常生活の中で、全くといって良い程テレビをつけません。現在の住んでいるハノイのアパートでそもそも日本の番組が視聴できないのが一番の原因です。またYouTubeなどの手軽に楽しめる動画サ …